自己破産について知っておきたい最低限の知識とは?

自己破産は最後の救済手段

大人になると多くの人は借金を抱えることになりますが、その中でも返済できるだけのお金を借りるか、それとも返済不能なまでに無計画にお金を借りるかによってその後の人生は変わってしまいます。例えば、毎月の収入が15万円しかない人が1000万円の借金がある場合、利息程度しか返済できず、借金がどんどんと膨れ上がってしまうことがあるのです。この場合、そのまま放っておくと自殺行為になりますので、法的手段として自己破産をしてもいわけですね。

絶対に自己破産ができるわけではない?!

自己破産は日本人ならだれでもできますが、その中でも条件があります。例えば、競馬やパチンコなどの賭け事で財産を失ったような場合は自己破産ができない可能性があります。また、財産を隠して自己破産をした場合などでも同様になります。自己破産は債務が多すぎてどうにもならない場合に最後の救済手段として債務を帳消しにして債権者に迷惑をかけるわけです。債権者としては貸したお金が返ってこなくなるわけですから、理由次第では安易に認めるわけにはいかないのです。

自己破産の時にかかる弁護士費用は

自己破産をする場合には個人で自己破産手続きをして債務を免れるということはなかなか難しいのです。ふつうは弁護士を雇って自己破産をすることになります。ですが、気になるのはやはり弁護士費用ですね。弁護士はとても敷居が高いイメージがあるためさらに負担が増えてしまうのではないかという心配もありますが、実際には着手金と報酬を合わせても20万円から40万円であることが多いのです。円滑に自己破産を進めるためには無茶な額ではないでしょう。

債務整理を専門に行っている弁護士事務所では、できるだけ自己破産せずに借金返済を無理なく行う方法をアドバイスしてもらえます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.