これがデメリット!信用取引の欠点からその仕様と利用方法を考察する

信用取引は現物取引と比べてお金がかかる!

信用取引は現物取引よりも複雑な過程を経て行われる株取引です。従って、その手数料は割高になっている場合が多いと言えます。また、株を借りて運用を行うという性質上金利もかかってくるために、どうしても信用取引のランニングコストは高くなってしまいます。これは構造上仕方ないことですが、少なくとも金利については信用取引を行う期間を短くすることで押さえることができます。信用取引を行う際は、利確と損切の足を速くすることを心がけておきましょう。

信用取引は3倍程度のレバレッジしかかけられない!

FXは取り扱い会社の乱立期は数十倍のレバレッジをかけることができましたが、現在ではその倍率はかなり押さえられました。しかし、株式の信用取引の約3倍と比較すれば、断然大きな額を運用することができます。「なんで株式の方はこんな少ない倍率でしか運用できないんだ」と思う人がいるかもしれませんが、FXと株では取引の構造が全く違います。株の信用取引はその株を証券会社から借りて運用しますが、FXではそのようなことはありません。つまり、信用取引のレバレッジが3倍に押さえられているのは、貸借を保証できる範囲内に抑えるための措置なのです。

信用取引は追証が発生するから手が出せない!

信用取引の約款などを見ると、とにかく追証に気をつけるように口酸っぱく書かれています。そのため追証について必要以上に恐怖感を抱いているトレード初心者も多くいます。しかし、よほど無謀な運用をしない限りは追証は気にする必要は無いということに、すぐ気付くはずです。証券会社へ差し入れる委託証拠金は、信用取引で証券会社から借りた株が損失で価値が目減りした際に、その損失を補填するためのものです。一般的に株価が取引を始めた頃の2/3になってしまうまで塩漬けにしてしまうような人は、信用取引どころか株取引からも手を引いた方が無難でしょう。

信用取引とは自分を信用してもらって、自分が持っている予算資金以上に株式投資をすることです。証券会社からお金を借りて投資をします。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.