FXの取引は実は簡単にできる!失敗しないためのトレード術

安くなってかた買う、高くなってから売る

当たり前ですが相場は価格が高くなったり、低くなったりします。そのためどこでエントリーするかが重要になってきます。要するに、いかに有利なポイントまで価格を引付けれるかが重要になってくるという事です。買いで入りたいのであればより価格が安く、売りで入りたいのであればより価格が高くなるところまで待つ事が出来るかが、勝敗に左右します。焦りは厳禁です。待つ事が出来る人間こそが、数少ない勝ち組に入る事が出来る条件と言えるでしょう。

ボラティリティが低い時には手を出さない

ビックリするぐらい動きの鈍い相場状況の時は手を出さないに越したことはありません。この様な状況だと些細な事がイレギュラーの原因になり損失に繋がります。ボラティリティとは価格幅の事です。価格幅が狭いという事は、買いと売りの力が拮抗していると言えます。いわゆるレンジ相場というやつですね。よくレンジはおいしい相場と言われますが、これは上級者向けの話になります。ベテランになりますと価格が反発し易いところが見えてくるようになるからです。慣れるまでは見送るようにしましょう。

取引時間を必ず厳選する事

FXは24時間取引出来ます。取引が出来ないのは、土日だけとなります。そのため通貨ペアに関係なくいつでもどこでもエントリーをする事が出来てしまします。実はかなり危険な行為になります。FXでは大きく分けて三つの時間帯で考えられています。アジア時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間でそれぞれ参加者の割合が違ってきます。一番お勧めの時間帯というのは、ロンドン時間とニューヨーク時間の重なる15:30分から21:00あたりになります。その時間帯になるべく取引をするようにしましょう。

為替とは現金を輸送することなく、金銭上の債務・債権の決済を行うことをいいます。国内では、振込や小切手等、個別の手段の名称で使われることがほとんどです。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.