ゲームの専門学校!?ゲーム会社が運営するケース

知識がある新入社員は即戦力

家庭用ゲーム機が普及して、更にいまではパソコンやスマホといった端末まで、持ち歩いている人が多く、仕事だったり中にはゲームをしている人も多いです、それだけゲームについてはいろいろなプラットフォームで需要があります。一般にはゲーム制作ではその専門性が高いことから専門学校が少ない状況です。反面ゲーム会社が新入社員を獲得してもそのようなゲームに関する知識を持たない人も多く、一から指導が必要になるケースも多くあります。

ゲーム会社が専門学校を運営する

そのためにゲーム会社が自社でゲームの専門学校を設立しているところも多くあります。現場で働いている社員を講師とすれば、ゲーム制作に関する機器類もあるために指導をすることができます。また専門学校として指導することで、彼らを自社に入社させることで一から指導しなくても即戦力として活躍が期待できます。そのために専門学校の卒業生のうち優秀な人をそのまま入社させるケースも多いです。また専門学校の学費も会社で働き始めてからの出世払いでもいいとしているところもあり、優秀な人材を確保しています。

スキル以外に重要なセンス

またゲーム制作においては、制作自体のノウハウも重要ですが、それ以上に重要なのはアイデアです。多くのゲームがあふれている中で、多くの人に遊んでもらえるようにマーケティング技術だったり、それを具現化するためには、どのようにしたらいいのかのセンスが必要になります。そのようなスキルをもった人材を発掘したり、またそのようなスキルを身につけさせるようなことも専門学校でおこないますが、それ以上のその人自身が成長してきた過程において身につけたことや潜在能力が重要であり、そのような人材を確保することもゲーム会社にとっては大切です。

ゲームの専門学校ではプログラミングが必須科目で、コースによって脚本や経営を学べる講座も選択できます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.