工夫してやる気を出させよう!家庭教師のバイト

子どものやる気は自分のやる気

家庭教師のバイトは、自分であれこれ工夫するほど楽しい仕事です。もちろん、登録している業者によっては制限がある場合もありますので、何でも好き勝手できるわけではありません。しかし、子どもの個性を見極めて、どうやったらやる気が出るか?と模索していくのはやりがいがありますし、子どもの成績が上がればこちらもモチベーションが上がります。やればやった分だけ如実に結果として返ってくる、バイトにしては珍しくやりがいの見えやすい仕事です。

子どもの頃を思い出してみましょう

自分が子どもの頃、先生が何をしてくれたか思い出してみるのもいいでしょう。たとえば、算数の問題が解けたときに大きな花丸をくれたとか、一ページ宿題をやったらシールを貼ってくれた、などという思い出はないでしょうか。子どもの頃は、意外とそういうことでやる気が出た人も多いはずです。大げさに褒められるのが苦手な子どもも多いですし、こちらも大げさに褒めるのはなかなか難しいので、シールなどでやる気を出してあげましょう。

分からないところを伸ばす努力

また、子どもは分からない部分には目をつぶりたがるものです。それは大人になっても変わらないのではないでしょうか。テストで間違ったところをいかに面白く、ゲーム感覚で理解していくかが、子どものやる気をあげるキーになります。「もっとこういう風に教えてもらったら、自分もできただろうに」というような思い出があれば、それをぜひ家庭教師のバイトで生かしてあげましょう。人と向き合う仕事というのは自分のことも向上させてくれます。

家庭教師のバイトの講師は大学生が小中学生の勉強を教えています。人に教えることで、大学生自身も勉強になっているのです。在籍している大学は、有名大学の学生を集めています。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.