知れば安心!?火災保険のポイントを抑えよう

借家人の起こした火災では?

借家人が火災を発生させた場合、軽過失でも家主に対しては民法の債務不履行となりますよね。そのため、家主に対しては失火責任法の適用は受けられず、損害賠償の責任を負うことになりますね。つまり、軽過失で火災を発生させた場合、隣近所に対しては損害賠償の責任は免れますが、家主に対しては損害賠償の責任が生ずる、ということになるんですよね。一般的に借家人は家主に対して、建物を現状に復して返還する義務があるので、損害賠償責任が発生するんですよ。

火災保険に付帯する!

火災保険では、地震による損壊や火災には、基本的に保険金は支払われませんよね。地震等による損害を補償するには、地震保険に加入しなければなりませんね。ただし、地震による火災に対して見舞金的な性質の地震火災費用保険金(保険金額の5パーセント程度)が支払われる場合があるんですよ。地震保険は単独で加入することはできず、火災保険に付帯する形で契約する必要がありますよね。同時に加入する必要はなく、すでに火災保険に加入している場合、火災保険の保険期間の中途でも付帯することができますよ。

地震保険の補償内容とは?

地震保険は居住用の建物および家財を補償の対象とし、それぞれ個別に契約しますよね。地震・噴火または、これらによる津波を原因とする火災・損壊などを補償しますね。地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30パーセントから50パーセントの範囲内で任意に定めることになっていますが、建物は5,000万円、家財は1,000万円が上限となりますよ。地震保険では、損害の程度によって支払われる保険金の額が決まるんですよね。

火災保険の一括見積もりサービスは、複数の保険会社に対して同じ保険の種類で見積もりが取得できる内容になっており、比較がしやすいというメリットがあります。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.