社員のやる気をアップさせて、モチベーションを上げるポイントとは

部下を叱る時は目的を考える

最近、部下を叱る事でモチベーションを下げてしまったり、変に言われてしまうからと言って、部下を叱る事が出来ない上司が増えています。ですが、叱り方次第では十分に部下のモチベーションをアップさせることが出来るんです。その為にはきちんと目的を考える事が大切です。中途半端に感情で叱りつけてしまっては全く意味がありません。社会的な常識や基準から大きく外れてしまっている行動をしている時や、業務上のミスを犯してしまった時は、きちんと叱ってあげるようにしましょう。

チームのみんなが思っている事を伝えよう

叱った時に、部下のモチベーションを下げる原因として、感情で思った事をそのまま伝えてしまう上司がいます。そんな怒り方をしてしまっては、誰もがモチベーションを下げてしまうでしょう。叱る時は、なぜ自分が今怒っているのかというのを的確に伝えるようにして、また、チームの全員が思っている事を伝えるようにしましょう。そうする事で、単に感情で叱りつけているのではないという事に気付き、今後は改善をしようとモチベーションを上げてくれることでしょう。

時には部下の考えを受け入れる事も大切

中には、自分の感情を優先する部下もいて、周りがいかに思っているかというのを伝えても、一向に響かないタイプの人もいます。そこで大切になってくるのが、部下の考えをきちんと聞いて、完全否定をしないという事です。冷静に感情を抑えて叱っているつもりでも、相手にちょっとでも完全否定されてしまったと思われてしまったら、モチベーションが下がってしまうのです。部下の叱り方はものすごく大変ですが、同時にとても大切です。社内全体のモチベーションを上げるためにも、正しい叱り方をマスターしましょう。

就業規則とは、従業員が働く上で必要最低限の会社のルールブックの基本的内容が記載されているものとなります。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.