こうすればいいんだ!ビジネス資格の取り方!

社会人なのに勉強?そんな時間あるかなあ・・

どんな職種の仕事についていても、つきまとうのが出世や昇格と言った問題です。サラリーマンであれば避けては通れず、IT系の技術者などの場合であればさらに製品ごとの資格なども頻繁に取得せねばなりません。だけど社会人になってから限られた時間で勉強するのって、本当に大変です。だけど、次から次へと難易度の高い資格を取得している人たちもまた、たくさんいるんです。彼らは一体、どんな生活をして、どんな勉強方法で学んでいるのでしょうか?

どうすればいいのだろう?!社会人の勉強方法!

学生の頃ならば担任の先生がいて、教科ごとの先生がいて、教科書があり、参考書があり、学外学習施設があり、本当に充実していましたよね。でも社会人になってしまうと、過去問や参考書はあってもそれをどう学ぶか教えてくれる先生は、もういません。もちろん社会人を対象とした簿記学校などはありますが、授業料は高額ですから、資格のためだけに通うのは少し抵抗がありますよね。では、どのように勉強を進めていけば良いのでしょうか?

自立した学習方法をマスターしよう!

さらに勉強の習慣から離れていた人は、なかなか自力で勉強を進めることができません。すぐに「自分は勉強に向いていない(だから自分のせいじゃない)」「自分は男だから・女だからこれが苦手なんだ(だから自分の努力不足ではない)」「年を取ったから記憶力が落ちた(だから自分の勉強方法が悪いのではない)」と、言いがちです。また「自分は理系だから・文系だから」という意見を言う人もいます。しかし、大学や高校を卒業してからもう何年も経過しているのです。そして、一度読んで覚えられないとすぐ諦めてしまう人が本当に沢山います。ですが、記憶するには反復しかありません。反復はとても単調で飽きやすい作業です。しかし、そこを律してこその社会人です。計画を立ててこつこつと積み上げて行く以外、目的を達する方法はないんです。がんばりましょうね!

基本情報技術者の試験の特徴について記述します。合格者は全体の4分の1とかなり少なめ、勉強時間も150時間以上を要します。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.