ビジネス社会で平等に与えられるツールは資格!

ビジネスの基本は信用されること。

日本やアジアに限らず、世界ではビジネスで役立つツールにコネがあります。平等なアメリカでさえ、例え能力があったとしても、コネがなくては面接まで辿りつけず、一流企業に就職することは困難です。コネと聞くとズルイ印象を抱く方がいますが、コネを換言すると人的保証とも言えます。世間では、あの人の知り合い(紹介)であれば問題を起こさないだろう、あの人に迷惑を掛けるようなことはしないだろうと考えるのがコネの根底にあります。

平等に与えられたチャンスが資格。

名家で生まれれば生まれつき名家とのコネがあり、貧乏で生まれれば名家とのコネを持つことは困難となります。コネを活かすか殺すかは本人次第ですが、決してコネは平等な存在ではありません。ビジネスで成功するには、コネがあるかないかで大きく変わります。いきなり、ピンポンと訪問して来た見ず知らずの者から、無料でもサービスを受けようとは思いません。しかし、知り合いの薦めであれば、信用してサービスを受けようと考えます。それでは貧乏人が信用を得るにはどうした良いのか、それは資格を取ることです。

コネに勝るアイテムは資格。

履歴書には資格欄があり、人を判断する基準となっています。資格でもピンからキリまであり、弁護士や司法書士のように難関な国家資格もあれば、趣味の延長に過ぎないものまで様々です。学歴は、本人の能力とは関係なく創りあげることができます。裕福な家庭では、親のコネを活かして、名門幼稚園に入学させすれば、後はエスカレーター方式で名門の大卒となれます。しかし、国家資格は、親の経済状況で合格不合格になることはなく、本人の力だけで合格することができるので最も公平と言えます。ビジネスをゲームで例えると、資格はアイテム、アイテムがあれば次のステージに進むことが出来、勝ち抜いた者だけがスタンダードを構築することが出来ます。肩書だけは立派で能力がない人間か、難関資格を所持する能力を持つ人間とでは、今後のグローバル世界ではどちらが有益かは言うまでもありません。

医療事務の資格を取りたいと思う方は、通学か通信で医療事務の講座を受けることが出来ます。自分のライフスタイルに合わせて選べます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.